業務案内

オルソペディックサービス事業

わたしたちは日頃培った高い技術力をもとに、先進医療・リハビリでの要望に応えるべく、ロボット開発プロジェクトを発信しており、近未来での医療福祉分野の実用化を目指し装具からロボットまで、研究開発に日々挑戦していきます。 また日頃臨床におけるユーザー様の意見に耳を傾け、通気性を備えたライナーや装具対応靴の開発など患者様のADL向上にお役に立てるよう義肢・装具関連商品の研究開発の取り組みや、我々義肢装具業界の発展を願いP.O応援グッズとして、義肢装具製作機器・ツール等も製作販売しております。

オルソペディックサービス事業部では国際学会を通じて良い商品を輸入販売し世界の優れた技術の発信地となり日本の義肢装具業界の発展を心より願っています。

下肢麻痺者用の歩行補助ロボット「WPAL」

高度リハビリ機器開発 下肢麻痺者用の歩行補助ロボット「WPAL」

  • 脊髄損傷などにより、両下肢が完全に麻痺し、歩行ができない人が車いすから立ち上がり自立歩行が出来る補助ロボット
  • 麻痺者の歩行による健康増進及びQOL向上、社会参加多様性の確保

もう一度自分の脚で立って歩いてみたい…そんな脊髄損傷者の願いを叶えたくWPAL(ウーパル)プロジェクトは立ち上げられました。

WPALは弊社から販売しているPrimewalkの技術(内側系構造)を取り入れたことにより車いすとの併用が可能で、優れた立位安定性も持っているのが特徴で、下肢麻痺者の車いすから起立・着座動作、平行歩行のパワーアシストをします。

WPALは、藤田保健衛生大学リハビリテーション部門との共同開発により生まれました。

ページトップ

home